半信半疑で使ってみたブースター美容液

スキンケアのときに、洗顔後の最初に使うと後のアイテムの効果がアップするブースター美容液。
最初に聞いたときには「そんなの余計じゃないのか」と思いました。

 

洗顔して保湿のために化粧水や乳液をつけます。
最初に「他の何かをつける」意味がわからないと思っていたのです。

 

でも実家に泊まりにいって母の化粧品を借りたときに使ってみることがありました。
最初は「お母さん、こんなの無駄なのに」と笑っていたのです。
使ったのは明色化粧品のスキンコンディショナーです。

 

ところが翌朝びっくり、なんだかいつもカサカサの額が「潤って」います。
夜にどんなに保湿クリームなどつけても翌朝には細かく皮がむけていたのに、それがすべすべのままなのです。

 

いつものケアとの違いは「洗顔後にスキンコンディショナーをつけた」だけです。
その後、化粧水・乳液とつけただけです。

 

これはびっくり、もうさっそく自宅に戻ってからも使ってみることにしました。
やっぱり額の気になる皮向けが治まります。

 

保湿のために化粧水やクリームを大量に塗り込むのは肌にも負担がかかります。
それでも「トラブルがあるからやらないといけない」と思っていたのです。
それが「ちょっとブースターを足しただけ」でびっくりするような解決策になりました。

 

ブースターは安いものを使うと多少多めに使っても平気です。
一生懸命肌に塗りこむということがなくなって、肌も楽になったと思います。

 

まずはお試しや安いブースターを使ってからでも良いんじゃないですか?
いつものスキンケアにひとつ追加するだけのブースター美容液で、浸透力をアップさせてみませんか!